活動報告:技術委員会

技術委員会

1.技術委員会の目的
   送電線工事における施工技術に関する調査、研究を行うことを目的とする。
2.技術委員会の活動内容と活動計画
            
(1)プログラム分科会   関西支部保有の以下の技術計算プログラムの管理を担当している。

 プログラムのダウンロード
    (支部会員およびプログラム購入者専用)
 
  • 根枷(丸太・コンクリート)の計算(SKL-001E Ver.1.00)☆
  • コンクリートブロックの計算(SKL-002E Ver.1.01)☆
  • 延線張力の計算及び金車コードの強度検討計算(SKL-003E Ver.1.02)☆
  • 弛度補正の計算(SKL-006E Ver.1.01)※
  • 電線取込み時の電線張力の計算(SKL-007E Ver.1.00)★
  • シガラ工の計算(SKT-001E Ver.1.00)※
  • 循環索道の計算(SKT-002W Ver.2.02)
  • 土留め支保工の計算(SKT-003E Ver.1.00 ) ※
  • 仮設橋梁の計算(SKT-004E Ver.1.01) ※
  • デリックの計算(SKT-005E Ver.1.00) ※
  • 組立台棒の計算(SKT-006E Ver.1.01) ※
  • 脚材据付寸法の計算〔山形鋼鉄塔〕(SKT-007E Ver.1.01) ※
  • キャリア式索道の計算(SKT-008W Ver.2.00,Ver2.02(Win Xp Sp2用))
  • 脚材据付寸法の計算〔鋼管鉄塔〕(SKT-009E Ver.1.01) ※
  • 吊金車工法の張力計算(SKL-008E Ver.1.00)□

      ※ 平成19年度改訂プログラム    ☆ 平成22年度改訂プログラム
   ★ 平成22年度新規作成プログラム
   □ 平成28年度新規作成プログラム

技術計算プログラムの購入希望問合せ先
 
一般社団法人 送電線建設技術研究会関西支部 事務局
(06)-6374-2460


2)技術検討分科会 【鉄塔建替(全・半ラップ)工事の基礎・組立・架線工法の手引きの策定】
送電線建設工事の鉄塔建替(全・半ラップ)工事の基礎・組立・架線工事における課題を整理し、生産性向上と最適な施工方法について審議を行い、安全に効率よく施工できる手引きの策定に取り組む。

(3)技術検討分科会 【災害復旧情報連絡分科会】

   関西電力と協力会社が一体となった災害復旧情報訓練を8月上旬に実施。
  ・訓練のねらい
   a.非常災害時の迅速かつ的確な情報伝達
   b.災害復旧技術力の向上
   c.関西電力と協力会社との連携強化
  ・訓練内容
  地震(震度6強)によって発生した地滑りにより鉄塔が倒壊したことによる早期復旧計画の策定  

  ・出動可能人員調査
  

(4)『安全施工ポケットブック(2013)頒布のご案内

関西支部発行の「安全施工ポケットブック」は前回の改訂から
約10年が経過しているが、その間送研本部の「架空送電線路調査測量技術解説書」 「架線工事施工技術解説書」「鉄塔工事施工技術解説書」が改訂された。また、労働安全衛生規則等の法令も改正されているので、「安全施工ポケットブック」を改訂した。


・平成25年11月1日発刊
※申込用紙は、こちらをクリックしてください。
※本の目次につきましては、こちらでご覧ください。

(5)【仮設計画手引き書の策定】に伴う関係資料 ←こちらをクリックしてダウンロードしてください (パスワードが必要となります)

 1)平地編・・・使用機材データ集
    CAD図面
    ・杭工事、クローラクレーン、ラフタークレーン、コンクリートポンプ車、
     バックホウ、その他重機 のダウンロード

    カタログ
    ・杭工事、クローラクレーン、ラフタークレーン、コンクリートポンプ車、
     仮設材 のダウンロード


 2)平地編・・・仮設計画策定における検討項目
    ・仮設計画策定チェックリスト表のダウンロード


  3)山地編・・・使用機材データ集
    CAD図面
    ・ジブクレーン、カニクレーンのダウンロード

    カタログ
    ・カニクレーン、ジブクレーン、クライミングクレーン、モノレール
         のダウンロード

 4)山地編・・・仮設計画策定における検討項目
    ・仮設計画策定チェックリスト表のダウンロード